検事 久賀丞已 ~1st Impression~

短いノックの音に我に返ったが顔を上げたタイミングで、ドアが開いた。 「やっぱりここでしたか。もう十一時ですよ。部長が『篠塚がつかまらない』と私に電話して来て」 雅季は、向かい合わせた机の、二つの小島のある執務室に入って来…

続きを読む →

アドラム伯爵のメイド面接

クライド・アドラム伯爵が書斎で三つの領地財産目録の評価を確認していると、部屋の扉がノックされたので、入室を許可すると、執事の後ろからヴェール付きの帽子を被った小柄な女性が入って来た。 「旦那様、お約束の……」  一瞬眉を…

続きを読む →