アドラム伯爵のメイド面接

クライド・アドラム伯爵が書斎で三つの領地財産目録の評価を確認していると、部屋の扉がノックされたので、入室を許可すると、執事の後ろからヴェール付きの帽子を被った小柄な女性が入って来た。 「旦那様、お約束の……」  一瞬眉を…

続きを読む →