侵入者(後編)

  *  エニアスが宮殿を去って数日後、キアラは部屋で本を読んでいた。ラシャードと一緒に読んだこともあるジュナイの民話だ。ラシャードがキアラを抱くように後ろに座り、彼の低い声で囁かれる異国の物語に耳を傾けるのが何よりも幸…

続きを読む →

侵入者(前編)

 キアラは部屋の窓から、庭の様子を見ることもなしに見ていた。アーチの向こうで、エギュンがラシャード自慢の鷹を青空に放しては呼び戻し、肉を与えている。 (あれだけ愛し合ったのに、愛し合えば愛し合うほど満たされないなんて) …

続きを読む →