女体化、とか。(前編)

 目が覚めると、高嶺俊(たかみね しゅん)は保健室のベッドの上だった。  ぼんやりとした意識と視界の中になんとなく見覚えのある白い天井と消毒液の匂いが入り込んで来た時、その乏しい情報からでも、ここが学校の保健室だとわかっ…

続きを読む →