大嫌いなあの子の、パパ

 みさとは一人、そうめんと天ぷらの夕食をすませてから二階の自室に行くと、すぐに机に向かい、フランス語のテキストを開いた。  大学二年生になって選択した、フランス語のテストが近い。みさとはテキストから拾った単語をレポート用…

続きを読む →

私の愛しい、奴隷さま

 一歩、二歩、三歩……窓から部屋の入り口のドアまで大股で歩いて九歩だった。では普通の歩幅で……一歩、二歩…………十三歩。数が悪い。もう一度。今度はやや歩幅を狭めて窓の方へ戻る。  一歩、三歩……八歩、今度は十四歩。  マ…

続きを読む →

Klee~四つ葉のクローバー~(双子BL編)

今日は久々に比和子がうちに戻って来るという。べつに水沢と離婚前提の別居を決めたわけじゃない――残念ながら。 ただ、水沢が一歳になる尚人を連れて実家に遊びに行っただけの話だ。たまには比和子にも一人の時間を、という配慮らしい…

続きを読む →

検事 久賀丞已 ~Heart 2 Heart

また、あの夢だ。 篠塚雅季(しのづか まさき)はベッドの中で目を覚ましたまま、動けないでいた。 嫌な汗がパジャマの背中を湿らせている。乱れた呼吸を落ち着けようと、深呼吸を試みる。 夢の中では自分は常に十歳だ。十九年の間、…

続きを読む →

検事 久賀丞已 ~1st Impression~

短いノックの音に我に返ったが顔を上げたタイミングで、ドアが開いた。 「やっぱりここでしたか。もう十一時ですよ。部長が『篠塚がつかまらない』と私に電話して来て」 雅季は、向かい合わせた机の、二つの小島のある執務室に入って来…

続きを読む →

鬼より強い桃太郎(性的な意味で)

桃太郎の幼馴染の千夏は、彼に淡い恋心を抱きつつも、普段から女癖の悪い彼に辟易している。さらに、彼が鬼退治に行かないと言い放った日には、千夏の堪忍袋の緒も切れ、彼女は一人鬼ヶ島に向かう。 「モモっ!! 桃太郎っ!! あんた…

続きを読む →

レッスンはホット&スウィート

「いろいろ考えたんだけど、初夏だし、メキシカンはどうかなと思って。『モーレ・ポブラーノ』っていうんだけど。鶏肉の煮込み料理。知ってる?」   新城隆也(しんじょう たかや)が、鶏肉の塊に塩をすり込みながら調理台の向こうか…

続きを読む →

アドラム伯爵のメイド面接

クライド・アドラム伯爵が書斎で三つの領地財産目録の評価を確認していると、部屋の扉がノックされたので、入室を許可すると、執事の後ろからヴェール付きの帽子を被った小柄な女性が入って来た。 「旦那様、お約束の……」  一瞬眉を…

続きを読む →